HOME>コラム>ゲームクリエイターになりたい!専門学校が一番の近道

ゲームクリエイターになりたい!専門学校が一番の近道

ゲームする人

学校で基礎を学ぼう

ゲームクリエイターという資格はなく、クリエイターとして働きたいならゲームメーカーやゲーム制作会社に就職するのが一般的です。また、一つのゲームを作るためにはプログラマーやグラフィックデザイナーなどあらゆる専門性の高い職種が必要です。ゲームを作ると一言で言っても、自分が何の分野を極めるのかを決める必要があります。関連分野を絞れば、大学や専門学校など学ぶ場もあります。中には独学で学ぶ人もいますが、成功率が高いのは学校で学ぶ方法でしょう。学校なら何も知らない状態でも、基礎的な知識をまんべんなく学ぶことができます。いずれ独立するのも素晴らしい道ですが、ゲームクリエイターになるには、まずは学校で基礎を固めてノウハウやテクニックを身に着けるのが良いでしょう。

ゲームグラフィック

専攻を決めて申し込もう

ゲームクリエイターになるには、専攻を決めるのが先決です。例えばプログラミング、グラフィックデザイン、サウンドクリエイトなど様々なスキルがありますが、進路を念頭に置いて学科やコースを選びましょう。専攻が決まれば、次は学校選びです。専門学校以外にも大学や短期大学もありますし、夜間コースなどもあります。気になる学校があればwebサイトでチェックしたり、資料請求したりしてカリキュラムや教育方針を調べるのが良いでしょう。ほとんどのところでオープンキャンパスを実施していますので、実際に学校に行って見学するのも良い方法です。行く学校を決めたら、願書を取り寄せて提出するのが一般的です。入試シーズンは春や秋など学校によってマチマチなので、事務局に問い合わせると良いでしょう。

広告募集中