すぐ映像のプロになりたいなら!専門学校へ行こう

映像のプロになりたいと考えている方も多いと思います。ですが、どこの映像のプロになるには、一体どうすればいいでしょうか。すぐにプロになりたいと考えているなら、専門学校に通うことがおすすめです。しかし、映像を学ぶと言っても様々な種類があります。それぞれで学ぶ分野も変わってきますので、それに沿った専門分野の専門学校に行くのがおすすめです。

アプローチの仕方で違う映像作成を比較!

カメラで撮影して映像を作りたい

映像制作といっても、映画監督やアーティストのPV撮影などをしたいという場合は、カメラのことも学べる専門学校に行くのがオススメです。映像を撮影する大型カメラでの撮影技法も学べますし、映像の作り方も同時に学ぶ事が出来ます。カメラ系の専門学校の中や、デザイン系の専門学校にコースとして設置されている場合もあります。主な就職先はテレビ局などになります。

ゲームなどの3DCGの映像を作りたい

ゲームやアニメなどで使われる3DCGの映像を作る事も、映像制作と言われます。こちらの映像制作は、いわゆる絵コンテを起こしてから制作するタイプの映像になります。専門学校も映像専門学校の場合もあれば、ゲーム系の専門学校にコースがある場合もあります。おもに就職するのはゲーム業界になります。

実際に専門学校にはどのように入学すればいいのか?

それぞれの分野の専門学校の事が分かれば、次は入学する為の準備に進みましょう。入学するための準備というのは、学校の下見や入試などです。特にオープンキャンパスとも言われる学校見学会は学校を決める指標としてとっても重要になります。ただ楽しかったという感想で終わらないよう、様々な所をしっかりチェックしておきましょう。

オープンキャンパスで確認することチェックリスト

ビデオカメラ

全体説明

ほとんどの専門学校では、入学希望者に向けて学校について知ってもらおうと、学校説明会やオープンキャンパスが行なわれます。その際、特に見るべき点なのが就職率。ここでより詳しい説明がある場合は、より安心して業界に就職出来る専門学校といっていいでしょう。

体験授業のカリキュラム

オープンキャンパスでは、体験授業を合わせて行なう所もあります。体験授業は、実際に行われている授業をアレンジしたものになります。その時に、専門学校の学部・学科の特徴や学習内容を肌で感じる事が出来ます。

周辺環境

毎日通うことになる学校は、遠すぎるなどで通学状況が悪くなれば学校に学びに行く事自体がストレスになることも。自宅から学校までの時間や、通学にかかる交通費、駅から学校までの治安などを調べておくとより安心して選べるでしょう。

映像について学べる専門学校で現場のプロを目指す!

撮影

大学進学と何が違うのか?

中には、大学と専門学校で進学を悩んでいる人も多いはずです。大学や短大では、主に研究することや、知識を習得しながら自分の興味・関心を深めていくことになります。ですが、専門学校では実際の現場を知る事や、志望業界の専門職へのインターンシップ等、より専門性に優れた授業を受けることが出来ます。ですので、自分のやりたい事をしっかりと見つめ直した上で選びましょう。

広告募集中